世界最大の市場オランダ アールスメア市場から空輸を2日に1回しています。
青いバラの“青”は特殊染料による着色で、オランダーのハッピーローズ社の特許です。
元々は、クリーム色のバラをロイヤルブルーのインクで染め上げております。
世界でもトッププラスの品質の希少な薔薇だけを選び徹底的な管理下の下日本へ空輸されます。
花言葉は“可能性” アメリカでは青いバラと言えば不可能の代名詞です。
Miracle of rose to break the impossible
この薔薇の青は特別なロイヤルブルーです。
不可能を可能にする奇跡の薔薇という事で、 “可能性”という美しい花言葉がつきました。
日本のバラと違う点は、そのクオリティー。
花の大きさや茎の太さなど日本国産のバラには無いクオリティーで贈られた方の目を一瞬で奪います。

青い薔薇の購入はこちらから
プラチナ薔薇購入はこちらから
  


花言葉は“奇跡” 初めて見たときはきっと、「何?このバラ」「えっ?本物」「どうなっているの?」という驚きの言葉が出るでしょう。

約10年前に、オランダのハッピーローズ社ピーター氏によって産まれたレインボーローズ。 今まで、誰も見たことが無い奇跡の薔薇です。
レインボーローズというバラは、茎を四等分に切り裂き、特殊な染料を4色のインクに漬けこんで決めていくと思われます。
不思議なその技術はまだヴェールに包まれていますのであくまでも想像ですが、、、、、
バラの茎にある水や栄養を運ぶ「葉脈」1本1本がそれぞれの葉1枚1枚、花びら1枚1枚に4色のインクを運び7色のカラーに染まります。
オランダアールスメール市場からスキポール空港へ運び、日本へ17時間という早さで到着するのです。

世界の裏側から新鮮なバラが飾れる時代が来たのです。

レインボーローズの購入はこちらから
  



ピンクローズの花言葉は“恋の誓い” こちらの薔薇は、国産の薔薇にこだわります。

どこまでも優しく、たっぷりとリッチでかわいらしいピンク。
10年に一度20年に一度といわれる品種改良による傑作で「ピンクアバランシェ」ができました。

超巨大輪のピンクアバランシェにプラチナ色のラメを付けております。
透明感のあるピンク色にプラチナラメが輝きを放ち、何とも言えないリッチな雰囲気のバラになりました。

また、ホワイトローズも「アバランシェ」という純白の超巨大輪のバラにプラチナラメ加工を施した物です。

ピンクローズの購入はこちらから
ホワイトローズの購入はこちらから
  


太陽に一番近い場所で育った情熱の薔薇。

真紅のバラ、薔薇を初めて見た方は「大きなバラ!」と驚くでしょう。
一年中、春のような気候で「永遠の春」とも呼ばれる南米エクアドル地方や赤道直下 標高,800mの超高地で育成されるバラは豊かな太陽の光を一年中安定して受けているので、一年を通して超巨大輪のバラを生産することができるのです。

永年の月日をかけて見つけ出された、深くてヴェルヴェットの様な質感の薔薇“フリーダム”という特別な赤バラをROSESHOPでは空輸しております。

花弁が厚くヴェルヴェットの様な質感は見た方の目を奪い豊かな気持ちにさせてくれるでしょう。

赤薔薇の購入はこちらから
  



花言葉は、“友情” “希望” “神秘”

ガーベラの品種は2,000種以上でその中でもレインボーガーベラに相応しい品種突きとめレインボー色に自社で染め上げました。

生命力溢れる、元気の象徴ガーベラは、女性の人気も1番で、そんな人気のガーベラがROSESHOPでは一年を通してお届けすることが可能となりました。


レインボーガーベラの購入はこちらから
バイカラーガーベラの購入はこちらから
青いガーベラの購入はこちらから
キラキラガーベラの購入はこちらから